人気ブログランキング |
<   2007年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
「おしくらまんじゅう、押されて泣くな~♪」の嵐山花灯路

まだ↓の記事の翌日編も残っているのですが、あと6日で終わってしまうのでちょっと中断して
「嵐山花灯路」を先にアップします。


f0102363_1583535.jpg


去年に続き、今年も混雑を覚悟で「嵐山花灯路」の灯りを見に行ってきました。


が・・・・・・今年は去年よりもとても人が多かった。
特に、竹林の小径のところに入ると、もうまともに歩けず「おしくらまんじゅう、押されて泣くな~♪」状態でした。
いないみたいだけど、実際人だらけなんですよ。


f0102363_1584883.jpg


去年の「嵐山花灯路」が、私にとってライトアップを見るのも撮るのもはじめてのことでした。
その後二条城や東山のライトアップなどを楽しみました。


f0102363_1585563.jpg


やっぱり竹林の小径はとても綺麗で気持ちがいいものです。
去年の記事でも同じことを語っていましたが、実は昼間に嵐山・嵯峨を散策したことがありません。
あっ、学校の遠足などの行事では何度も行っていますが、大人になってからはありません。
箕面もそうでしたが、ここもけっこう遠足の定番でしたね。
今度こそ、いつか昼間に散策してみたいですね。

f0102363_159112.jpg


f0102363_159899.jpg


f0102363_1592123.jpg


f0102363_1593250.jpg


お馴染みの渡月橋。
今年は点灯の瞬間を待って、点灯直後に撮りました。
5時~8時半までの点灯、3時間半、これだけでたっぷりで時間切れでした。
by belgium44 | 2007-12-13 00:09 | お出かけ(京都)
半年ぶりの再会~その② ビストロ・スリージェ
f0102363_023321.jpg


さてさて、1日目(私にとっては)のディナー。
事前に、ビストロ風のフレンチとリクエストをもらっていました。
1店はすぐに決まったものの、もう1店がなかなか決まらない。
そこで思いついたのがここ、ビストロ・スリージェ
前の↓場所からも徒歩で移動も出来る。
カフェは、まぁこれも人それぞれ好みがあるけれど、雰囲気重視という点で一致している。
でもご飯となれば味も大事、グルメじゃないので舌にもいまいち自信がありません。
そんな半分不安な状態で駆け足で移動しました。

f0102363_025039.jpg
f0102363_0311.jpg



一番先に目がいくのが、壁一面に貼ってあるポスターの面々。
これは、もうフランス大好きな方が見たら・・・・・・

f0102363_031450.jpg
f0102363_032577.jpg


カウンター席の前の壁にも、絵葉書などが貼ってあります。
お料理のほうは、1人2皿以上オーダーするというスタイル。
それを取り分けて食べるスタイルです。
いつものように、お料理の正式な名前とかは一切覚えていません。
フランスの郷土料理、もちろん美味しかったのですが・・・・・・・
実はあまり覚えていないんです。
お喋りに夢中で・・・・・・

f0102363_034436.jpg
f0102363_035542.jpg
f0102363_04898.jpg
f0102363_042083.jpg
f0102363_04372.jpg


お料理のほうも上手く撮れなくて。
元々下手っぴなので言い訳ではないのですが、照明の関係上、私が前に出て撮ると
お料理が見事に私の影が入ってしまうんです。


f0102363_045538.jpg


また翌日に続く・・・・・

(↓のコメントのお返事、ちょっと遅れます。ごめんなさい。)


ビストロ・スリージェ
住所   京都府京都市左京区田中関田町22-75

電話   075-723-5564

時間   12:00~14:00(LO)
      18:00~21:30(LO)

お休み  木曜日 第3水曜日

その他  Pなし





現在は移転してますので、こちらの場所になっています。
by belgium44 | 2007-12-10 00:15 | レストラン
半年ぶりの再会~その① カフェ&自家焙煎珈琲&ガラスのお店
f0102363_110967.jpg


5月以来の再会です。半年前の記事はこちらです。
北海道から、いつも可愛い自宅の猫ちゃん達(3ニャン+1ニャン)との日常を綴ったルコペルさんが、年2回ペースの恒例の
京都旅行にやってきました。
前回は、1日夕食だけを共にしたのですが、今回はカフェタイムも一緒に過ごし、丸2日間カフェ&ディナーを共にしました。


f0102363_1102861.jpg



1日目の待ち合せ場所は、→ここ
自家焙煎の珈琲が飲めて、珈琲豆が買えて、辻和美さんのガラスも買えるところ。
直前にいろいろハプニングがありましが、再会を喜ぶ私たち。
あっという間に、ディナーの時間が迫ってしまったのですが、2人とも大興奮で・・・・

カフェで飲める珈琲も、その日によって違って、世界地図で表示してくれています。
だいたい深・中深・中・浅と分かれています。


f0102363_1105031.jpg


今回も、珈琲豆を買って帰りましたよ。
毎日販売している豆が違うのですが、今回は深煎りがなかったので中のクラス。


f0102363_111221.jpg


毎度恒例の?お豆の撮影会です。
今回はエクアドルの中。

f0102363_111197.jpgf0102363_1113214.jpgf0102363_11144100.jpg


お土産を頂きました。
札幌にあるパティスリー シイヤさんのチョコレート。
これが切るのが難しくて・・・・・

f0102363_112670.jpg



買ってきた珈琲と共に頂きました。
このグラスはホットコーヒーも飲めるんですよ。
実際、お店で飲むコーヒーも、全部辻和美さんのグラスで出てきます。


f0102363_1122177.jpg


もうひとつもお土産は、冒頭の可愛いプリンジャム。
そのまま食べちゃった^^
by belgium44 | 2007-12-08 00:07 | 洋菓子・和菓子・飲み物
ラッピングの演出
f0102363_19155260.jpg


今までろくに宝くじを含め、当選には全く縁のない私。
(一度オーブンが当たったことがあるくらい)
そんな私が、hitominさんのブログ1周年記念のプレゼントに応募して当選してしまいました!
hitominさんは、アクセサリー職人でもあるので、そんなhimotinさん作で記念撮影。

f0102363_1915592.jpg
f0102363_1916511.jpg


ラッピングにも色々凝ってくださったようで、素材屋さんで買ってきたものや、色々な物を再利用したエコ作品のミックスでした。
ラッピングが上手な人っていいですよね。
私、いつも困ってしまいます。


f0102363_19212164.jpg


アイスクリームの入れ物のような物の中に、一番上の作品が入っていました。


f0102363_19162177.jpg



これがhitominさん作のお手製バッグチャーム、実はこれhimotinさんとお揃い。
大雑把な性格なので、もつれないようにしないと・・・・

f0102363_19163076.jpg


そして、キャンディのように仕立ててくれた物の中からは、デッドストックのコーム。
フランスに行かれた時に、クリニャンクールの蚤の市で買ってきたものです。

頂いた品々や気持ちもとても嬉しいものですが、ラッピングなど演出できるセンスって大事だなぁ~って思いました。
hitominさん、ありがとうございました。
(アップがとても遅くなってしまってごめんなさいね)
by belgium44 | 2007-12-06 00:10 | 雑貨
これで見納め
f0102363_1572852.jpg


今年は12月のはじめになっても、赤や黄色の紅葉が楽しめました。
今年最初で最後の京都の紅葉。
実は京都の紅葉を改まって見て撮るのは6年ぶりでした。
6年前に東福寺へ行き、あまりの人混みに懲りて、それ以来紅葉は見ませんでした。

f0102363_1573759.jpg


選んだ場所は、岩倉実相院
修学旅行コースじゃないから、穴場なのではないかという発想で・・・・
東山や嵐山に比べればはるかに人は少ないですが、元々広くないし駐車場ペースが少ないということもあり、
何と「制限時間30分で!」ということでした。


f0102363_1574580.jpg


もちろん三脚(一脚も、持込も)・堂内・そして床もみじ・・・・禁止です。
昼間なので三脚は入りませんが、床もみじも禁止にはちょっとショックでした。

f0102363_1575383.jpg


禁止だらけだと、撮る場所というのは限られるのよね。
時間制限付きだし。

赤や黄色に染まって綺麗でしたが、全体的には、紅葉情報流に言うと「散りはじめ」くらいでした。


f0102363_158041.jpg


f0102363_158891.jpg


f0102363_1581890.jpg


f0102363_1582573.jpg


赤もキレイけど、黄色もキレイ・・・・

f0102363_1583438.jpg


More
by belgium44 | 2007-12-04 00:10 | お出かけ(京都)
太コップでチャイを
f0102363_1781142.jpg


チャイが美味しい季節になってきました。
自己流なので邪道なのかもしれませんが、チャイは甘~くして飲むのが好きなんです。
なのでちょっと暑い季節にチャイを飲むのはしんどい。
一箇所、ある神戸のカフェのアイスキャラメルチャイが大好きなのですが、同じようには作れません。

そしてチャイを飲む時は、取っ手のないカップで飲むのが好きなんです。
カフェオレボウルでもいいのですが、私はこの、安藤雅信さんの「太コップL」で飲むのが好きです。


f0102363_1782575.jpg


このコップ、見た目よりもけっこう量が入るのです。
私は紅茶もミルクティーもチャイも、すべて一人分150ccの分量で作るのですが
(この分量だとカップ1杯にちょうどいいんです)
ですが、このカップで同じ分量だと、カップの半分くらいにしかならず、ちょっと見た目がヒンソ。
なのでたっぷり作ることにしました。
けっこうカップが薄めなので、両手で持つとちょっと熱い。
でも、ポカポカぬくもっていいわ~。


f0102363_1785156.jpg


もちろんチャイ専用って訳じゃなくて、夕食のお茶や珈琲にカフェラテにも使っています。
by belgium44 | 2007-12-02 00:10 | インテリア・キッチン・生活雑貨